四川料理の紹介シリーズ:口水鶏(よだれ鳥)

四川料理の紹介シリーズ:口水鶏(よだれ鳥)

よだれ鶏は中国四川の伝統的な料理で、川菜(四川料理という)の中の冷菜である。

よだれ鳥の由来

この「よだれ鶏」という料理名を聞くと、よだれが垂れているというイメージがあり、少し小汚い感じがするが、その由来は文人の風雅がある。中国の有名な文学者詩人の郭沫若は『賟波曲』には「少年時代はよく故郷の四川で鶏肉を食べていた。白い鶏肉に、真っ赤なラー油唐辛子、今思い出すとよだれが垂れてくる…」と書いていた。板前さんたちはこの「よだれ」という言葉を借りて、名を付けた。今は誰でも名を知る「よだれ鶏」になった。また、花椒をふんだんに使うよだれ鶏は、食べたら口の中は痺れが広がり、よだれが勝手に垂れてきてしまうからこの名前になったという説もある。

よだれ鳥の特徴

よだれ鶏は薬味が豊富で、痺れ、辛味、旨み、香りを有し、さらに鶏肉もしっとりしていて、柔らかいことが特徴である。その美味しさは「名驰巴蜀三千里,味压江南十二州」と古詩の中でも称賛されている。

よだれ鳥に関する記事

関連記事

  1. 四川料理紹介シリーズ:麻辣香鍋

  2. 四川料理紹介シリーズ:辣子鶏(重慶唐揚げ)

  3. 四川料理の紹介シリーズ:火鍋(重慶火鍋・麻辣火鍋)

  4. 四川料理の紹介シリーズ:水煮牛肉(牛肉の辛味煮)

  5. 四川料理の紹介シリーズ:麻婆豆腐

  6. 四川料理紹介シリーズ:担々麵

  7. 四川料理紹介シリーズ:水煮魚

  8. 四川料理紹介シリーズ:棒棒鶏