今日は上野でおしゃれにマー活!『麻辣大学』でピリ辛酸菜魚ランチ

せっかく四川料理を食べるなら、普段なかなか食べる機会のないメニューに挑戦してみたいと思いませんか。
皆様、こんにちわ。今日も東京絶賛放牧中、ノマドライターのぽなです。今回は、上野『麻辣大学』にお邪魔してきました。ランチならお手ごろ価格で、ボリュームもたっぷり。上野のマー活ランチにおすすめです!

麻辣大学への行き方

麻辣大学(上野店)は上野の恩賜公園の入り口近くにあります。お店から一番近い駅は京成線上野駅です。駅正面口を出たら、「上野公園駅前」交差点方面に向かって、ゆるやかな坂道を下っていきます。JRなら不忍口からスタートするのがおすすめです。

坂道を交差点まで下ったら、上野恩賜公園の外周に沿うような形で左折します。ここまで来ると、真正面に「麻辣大学」が入るビルが見えてきます。

なお、一階はセブン-イレブン、二階はルノアールです。ルノアールは階段で行けますが、「マーラー大学」のお店は7階。エレベーターを使わないと上がれないので、ご注意を。

エレベーターは店内直結となっていて、ドアの向こうはいきなり店内です。扉も廊下もないので、最初に訪問する人はちょっとびっくりするかもしれません。

店内の様子

窓も多く、明るく開放感のある店内です。インテリアもホワイト、ベージュを基調としてまとめられており、おしゃれカフェみたいな雰囲気があります。そのせいか、女性客も多かったです。会社員のランチだけでなく、女子会、デートといった使えそうな雰囲気のお店、と感じました。

また、上野という場所柄か、インバウンドの観光客(中国系)の姿も目立ちます。本場の人が太鼓判を押すなら間違いないでしょう、というわけで、今回も期待が持てそうです。

メニューについて



結構ハイテク化されています。卓上のタブレットで全メニューの写真確認、オーダー等が可能になっているようです。ただし、ランチについては紙のメニューがありました。

ランチの定食は7種類。どれもアンダー1000円で、すべての定食におつけものとデザートがつきます。また、おかずがメインの定食には、ライスとスープもついてきます。

ライスは大盛りサービスがあるので、大食漢でも安心(笑)。追加料金の100円を払えば麺大盛り・ライス追加も可能です。

別途、生ビール(特別価格150円!安い!)などもつけられるようですが、本日は仕事があるので断念。大人しく、定食のみの注文です。麺系の定食も気になりましたが、今回は「酸菜魚」(高菜と白身魚の煮込み)を選択。

オーダー時に辛さをどうするか、さらにライス有りの定食の場合はライスの盛りも訊かれます。その日は少し胃がお疲れ気味だったので、小辛・ライス少な目にしました。

実食レポート

レモンの香りのするお冷やを飲みつつ、注文した品が来るのを待つことしばし。ウエイターのお兄さんが、トレイを運んできました。

ラーメン屋のどんぶりサイズ(!)で、酸菜魚の登場です。これで1人分とはなかなかの太っ腹。そのほか、トレイには、おつけもの、卵スープ、ライス、杏仁豆腐と並んでいます。成人男性でも余裕でお腹いっぱいになるボリュームではないでしょうか。

以下、それぞれの料理の感想です。

酸菜魚


白身の魚を高菜漬けと一緒に煮込んで作ったスープです。揚げた白身魚がどっさり入っていて、食べ応えがあります。もちろん刻んだ高菜もたっぷり。うっすらと黄味がかった濁りのあるスープで、高菜のかすかな酸味が感じられます。ただ、酸味といってもマイルドで、スープもこっくりしているので、そこまで気にならない感じです。「酸っぱいのが苦手」という人でも食べやすいんじゃないでしょうか。味付けがしっかり目についているので、ご飯がモリモリ進みます。

私が今回選んだ小辛はかなり手加減されていて、ピリ辛よりもやや辛くないというレベルの辛さです。「辛いのは大丈夫!」という人はぜひピリ辛より上のランクでチャレンジしてみてください。

卵スープ

澄んでいて、とろみのあるスープです。刻んだとうもろこしが隠し味的に入っており、特有の甘みが感じられます。塩気は控えめです。メインの酸菜魚がしっかりした味付けだったので、バランスよし。

おつけもの

「甘酸っぱくて辛い」という、なかなかインパクトのある味でした。現地のスタンダードな味付けなのかもしれないですが、くせになりそうです。

杏仁豆腐

プリンのように、とろっとした杏仁豆腐です。二層仕立てになっており、上の白い部分はクリーミーに、下は半透明であっさり目に仕上げられています。
甘さ控えめで、ほっとする味わいでした。

総評

ゆったりとした時間の流れる店内で、おしゃれな時間を過ごすことができました。料理もおいしくボリューム十分、誰を誘っても満足してもらえそうなお店です。上野の美術館やアメ横に来られた際にはぜひ。落ち着いた雰囲気なので、「今日はのんびりご飯を食べたい!」という日には特におすすめです。

関連記事

  1. 四川料理は皆赤色ではない!浅草蔵前で本場中の本場な重慶料理を味わえる!

  2. 麻辣火鍋は串で食べるべし:池袋で串火鍋を初体験!

  3. 「麻辣大学 上野店」選べる辛さの麻婆豆腐をお洒落空間で!

  4. 浅草佳鼎火鍋屋依存症のSAKAI編集長が語る、1人でも1000円札一枚で最高な火鍋を味わえる!

  5. 夏に合う酸っぱくて辛い春雨うどん:御徒町の沙県食坊で酸辣粉を食べてみた

  6. 浅草佳鼎火鍋屋のお勧め火鍋の具 Top.10

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。